• ライフサイエンス事業
  • 光・電子事業
  • 企業情報
  • お問い合わせ

各種臨床検査に最適な印刷パターン付き
スライドグラスを豊富にラインナップ

病理・細胞診・細菌検査・免疫検査等に対応可能な印刷パターン付スライドガラスを豊富に取り揃えております。使用されるインクはシルバーステインインク・UV硬化型インク・高撥水性フッ素樹脂ベースインク・フロストインクの4種類があり各検査の仕様に合わせ選択できます。シルバーステインインク以外は各種カラーインクのラインナップがあります。印刷パターンも豊富で各検査の仕様を考慮したウェル形状・大きさ・位置を取り揃えております。また、それぞれの製品は使用用途に適した洗浄処理が施されております。カスタムメイドデザイン印刷にも対応し、お客さま仕様の印刷パターンの作製も可能です。ウェル形状・大きさ・位置・ロゴ入れ(社名ロゴ・病院施設名・検査名等)等デザインをご指定いただければ対応致します。

【シルバーステイン印刷スライドグラス】

ガラス表面の銀イオン置換により、パターン形状に着色したスライドグラスです。婦人科細胞診をはじめ、各種細胞診・生検組織診・細菌検査等多岐にわたり使用されております。

シルバーステイン印刷とは、ガラス表面層のアルカリイオンとインク成分である銀イオンを置換し浸入させることで、ガラス表面を茶色に着色させる方法であり、その特長はガラス表面を直接着色することにあります。つまり、印刷面とガラス面はフラット面でカバーガラスでの封入も通常スライドガラス同様の扱いが可能です。また、インク等による着色と異なり、溶剤、アルカリ等に対して安定で溶出が発生しません。ガラス表面は塗抹作業性、検査精度向上のため、あらかじめ洗浄処理済みです。使用スライドは、白板・水板のタイプがあり、フロスト加工(スリガラス状の有無)も選択していただけます。

主な印刷パターン

リングマーク シルバーステイン印刷
血清反応・細菌検査等各種検査での使用を考慮したリングマークパターンの印刷が施されております。リング数は標準仕様として4輪・8輪タイプがあり、各リング番号表示タイプや他リング数タイプもあります。
角形マーク シルバーステイン印刷
生検組織診・細菌検査等では角形枠印刷が使用されております。各種の枠パターンがあり標準仕様として6枠番号付きが使用されております。他にも各種サイズがあります。
婦人科細胞診用シルバーステイン印刷
婦人科検診用に適した、VC・VCE表示印刷タイプもあります。

【UV硬化型インク印刷スライドグラス】

UV硬化型インクによりウェルパターンを形成したスライドグラスです。病理・細胞診・血液検査・細菌検査等多岐にわたる用途があります。

スライドガラス専用UV硬化型インクを用いた印刷により、スライドグラス表面に各種検査で使用できる印刷パターンバリエーションをご用意しております。UV硬化型インクによるウェル形成により、ウェル内に溶液・検体を保持します。ウェルパターンは、リングマーク・丸パターン・角形枠等があり番号付きの有無も選択いただけます。使用スライドグラスは、白板・水板・スーパーフロスト、ファインフロスト等、全てに対応できます。

UV硬化型インクによるウェル形成

UV硬化型インクにより、厚み約0.01mmのインクの厚みでウェルが形成されており、溶液・細胞検体を保持します。このインクはガラス面に強固に接着するよう設計されており、剥がれが生じないよう考慮されております。また、洗浄処理も実施しており、一定の清浄度を確保しております。

黒、紺、青、赤、黄、白、緑、茶のカラー展開

8色のカラーバリエーションがあり、検査・検体等の分類が色により識別可能で、フロストとの組み合わせで検査作業を効率的に処理できます。

豊富な印刷パターンによる各種診断検査に対応

各種検査に対応できるよう、印刷パターンも豊富に取り揃えております。

【高撥水性印刷スライドグラス】

蛍光抗体法・in situ Hybridization等に最適な高撥水性フッ素樹脂ベースのインクによるウェル形成。免疫疾患検査・細胞培養・ウイルス固定・病理・細胞診等の幅広い領域で使用できます。

高撥水性フッ素樹脂ベースのインクを独自に開発

免疫疾患検査領域(蛍光抗体法・in situ Hybridization)等で使用されるスライドガラスは、印刷インクパターンによりウェルを形成させたものが使用されておりますが、検体・免疫抗体・蛍光標識抗体試薬がウェル間でコンタミネーションしないよう印刷インク面の高撥水性が必要とされております。また、蛍光抗体法で励起光照射時に印刷インク面から自発蛍光が発生すると検鏡・診断上問題となることがあります。弊社の高撥水性印刷スライドは、これら免疫検査用スライドに要求される特性をクリアするため、弊社独自にフッ素樹脂ベースのガラス用インクを開発致しました。

インク表面の高撥水性、耐薬品性を高レベルで実現

弊社独自のフッ素樹脂ベースインクの完成により、接触角130°(黒色インク)および耐薬品性(耐アセトン・耐アルカリ性等)を実現しました。1枚のスライドガラスで多検体同時診断処理の作業性を向上できるように、独自設計によるガラス用高撥水性印刷インクを使用しております。このインクは弊社独自に開発したガラス専用インクであり、高撥水性が得られるよう、インク表面構造を設計しております。特に黒色は水に対し接触角130°の特性を持ち、全く濡れが発生しません。蛍光抗体法・in situ Hybridizationでの使用を考慮した専用インク設計をしており、アルカリ洗浄・細胞固定等のアセトン固定・アルコール固定等の使用による耐久性も十分検証されております。

130°の高撥水性

蛍光抗体法に最適なインク表面の低蛍光性を実現した黒色インク

蛍光顕微鏡下での蛍光観察使用時、励起光照射によりインク表面の自発蛍光が発生すると、ウェル内の蛍光観察に支障をきたすことがあり、インク表面の低蛍光化が必要とされてきました。そこで、黒色インクは各種蛍光指示薬に対応できるよう、各励起波長においてインク表面の蛍光発生が低くなるよう設計されております。

蛍光顕微鏡用スライドグラスを使用

蛍光顕微鏡での使用を考慮し、スライドガラスには蛍光顕微鏡用スライドグラスを使用しており、蛍光顕微鏡・レーザー顕微鏡その他各種スキャナーでの使用に最適です。

アルカリ洗浄済み

細胞接着性等に影響を与える汚れ等を除去するため、ウェル内のアルカリ洗浄処理済みです。

カスタムメイドデザイン印刷対応可能

お客さま仕様の印刷パターンの作製が可能です。ウェル形状・位置配置・ロゴ入れ(社名ロゴ・施設名・検査名等)等デザインを指定いただければご対応します(受注生産となりますので、納期等はお問い合わせください)。

←1つ前のページに戻る

↑ページの先頭へ戻る