• ライフサイエンス事業
  • 光・電子事業
  • 企業情報
  • お問い合わせ

スライドガラス表面に組織切片・細胞を接着固定できるコート処理スライド:ポリ-L-リジンコート(PLL)、アミノシランコート(APS)に加え、特に組織切片の剥離が発生しやすい免疫組織化学領域等に最適なMASコート、MAS-GPコート、FRONTIERコート、PLATINUM コートをラインナップしております。

病理、細胞診におけるパパニコロウ染色、HE染色、各種特殊染色、免疫組織化学処理、in situ Hybridization法の過程でスライドガラス表面から組織切片(パラフィン切片・凍結切片等)・液状検体の剥離・脱落を防止するために、剥離防止コートスライドガラスが広く使用されております。従来からポリ-L-リジン(PLL)やアミノシラン(APS)をコートしたものが利用されておりますが、特性上コート表面が疎水性を有し、組織切片伸展作業時、水抜けが悪く乾燥に長時間を要することがあります。また、ガラス組織切片の間に気泡が入り、組織切片が破れることがあります。更に免疫組織化学等の診断領域で行われる抗原賦活化処理(マイクロウェーブ処理・オートクレーブ処理等)では接着力が十分でないため組織切片・細胞の剥離が発生し、診断時問題になることがあります。弊社ではこれらPLLコート・APSコートの特性を考慮し、親水性と剥離防止効果を向上したMASコート・MAS-GPコート・FRONTIERコートそしてPLATINUMコートを新たに開発し、病理・細胞診検査の広範なニーズに応える製品をご提供しております。

剥離防止スライドガラスに要求される特性

1)細胞の表面構造について

細胞表面は、脂質2重層中のリン脂質により負(COO-)の荷電状態にあり、ガラス表面を正電荷にすることで接着固定が可能となります。従来からアミノ酸であるポリ-L-リジンやアミノシランをコートすることで、ガラス表面を正の荷電状態にすることが実施されてきました。

2)剥離防止用スライドガラスに要求される特性

・各種診断目的での前処理、染色、抗原賦活化処理等でスライドガラスから組織切片が剥離・脱落しないこと。
・組織切片伸展作業性の良い、親水性を有するコートであること(コート表面親水性により切片伸展作業性が向上する)。

3)スライドガラス上から組織切片・細胞の剥離が発生する主な処理過程

各種診断目的での前処理・染色・抗原賦活化処理等でスライドガラス表面から組織切片・細胞が剥離することがあります。以下に主な処理例をあげます。

[ 組織切片・細胞の剥離が発生する主な処理過程 ]

【1】 各種染色処理
【2】 抗原の賦活化処理 ( 単純加熱処理/マイクロウェーブ処理/オートクレーブ処理)
【3】 酵素処理 ( プロテアーゼ処理/トリプシン処理/ペプシン処理 )
【4】 NaOH処理
【5】 HCI処理
【6】 ぎ酸処理

剥離防止用スライドグラスのラインナップ

PLLコート
  • 塩基性アミノ酸のPoly-L-Lysineコート。
  • コート面はガラス面のOH基とイオン結合しています。
  • ガラス表面は疎水性となります。
APSコート
  • アミノシランをコートすることによりガラス表面を+にチャージさせ細胞を固定します。
  • ガラス表面とアミノシランは共有結合し安定しております。
  • ガラス表面は疎水性となります。
MASコート
  • アミノシランコートと比較して、アミノ基の高密度化を実現し、組織切片・細胞接着性の飛躍的向上が可能となりました。
  • ガラス表面とMASコート剤は共有結合し安定しております。
  • 組織切片伸展作業を容易にする、親水性を有しております。
MAS-GPコート・FRONTIERコート
  • MAS同等の切片剥離防止効果。
  • ファインフロストスライドグラスの使用により、High pHバッファ処理の耐久性が向上しました。
  • 免疫染色、特殊染色等におけるバックグラウンド共染を低減しました。
  • MASコートと同等の親水性を有しています。
PLATINUMコート
  • 接着性・伸展性を進化させた製品です。
  • ガラス表面は親水性となります。
  • 自動免疫染色装置への適合性を検証しています。

自動免疫染色装置による剥離発生防止効果の確認

評価方法

・ブタ乳腺切片(4mm厚)
・伸展後乾燥 60℃30分
・自動免疫染色装置
・抗源腑活処理時間 60分で実施

評価結果
APS コート
PLATINUM コート

←1つ前のページに戻る

↑ページの先頭へ戻る