• ライフサイエンス事業
  • 光・電子事業
  • 企業情報
  • お問い合わせ

シリコンコートカバーグラス

タンパク質の結晶化に最適なカバーグラス

タンパク質の構造解析に関わる研究が近年急激に活発化してきており、その研究には、結晶化したタンパク質をX線解析する方法が一般的です。その結晶化には、ハンギングドロップ法が主に用いられております。本法は、プレートの各ウェルに沈殿剤を入れ、それぞれの天井部分に数μ程度のタンパク質溶液を添加したカバーグラスをさかさまに置き、溶媒を拡散させて結晶化を行う方法です。

均一で清浄度の高いシリコンコートカバーグラス
ハンギングドロップ法では、タンパク質溶液の拡がりを防ぎ、ガラスとの吸着を防ぐため、表面をシリコンでコートした撥水性の強いカバーガラスが用いられます。弊社のシリコンコートカバーグラスは、均一にコートされておりますので、効果的な結晶化が可能です。また、各種プレートに合わせた種々の形状のシリコンコートカバーグラスもご用意しております。

仕様  ※(受)については受注生産品になります。

品番 サイズ(mm) 厚み交差(mm) 包装 価格 備考
C2210 18×18mm No.2 0.17~0.25 100枚入 ¥5,000 (受)
C2230 20×20mm No.2 0.17~0.25 100枚入 ¥5,000 (受)
C2220 18mmφ No.2 0.17~0.25 100枚入 ¥6,500 (受)
C2240 22mmφ No.2 0.17~0.25 100枚入 ¥8,000 (受)
C2520 18mmφ No.5 0.45~0.60 100枚入(25枚×4) ¥7,000 (受)
C2540 22mmφ No.5 0.45~0.60 100枚入(25枚×4) ¥8,500 (受)

←1つ前のページに戻る

↑ページの先頭へ戻る