• ライフサイエンス事業
  • 光・電子事業
  • 企業情報
  • お問い合わせ

近赤外カットフィルター / 紫外・赤外カットフィルター

近赤外カットフィルター(Infrared Cut filter)

近赤外域にまで感度を持つカラー撮像素子や感光体では、色再現のために不可欠なフィルターです。近赤外吸収ガラスを基板に使用することで、より長波長側のカットも可能です。カスタム仕様に応じます。

紫外・赤外カットフィルター(UV IR Cut Filter)

基板の片面に紫外線(UV)カットコートを、もう一方の面に赤外線(IR)カットコートを施したフィルターです。赤外線の反射帯域は、積層数を変えたり、赤外吸収ガラスを基板に使用することで自由に設定出来ます。

部品設計 見積依頼される方へ。

電子部品・光学部品用としてガラス材料を選択される場合、その目的に応じてガラスの種類・特性値等によりガラスコード番号を指定することになります。

↑ページの先頭へ戻る