• ライフサイエンス事業
  • 光・電子事業
  • 企業情報
  • お問い合わせ

レーザーダイオード用カバーガラス
需要拡大するレーザーダイオード用
使用されるガラスとしては、♯100(α=72)が量産向の材料として一般的です。


イメージセンサー用カバーガラス
“新しい電子の眼”イメージセンサー用
ビデオカメラ、デジタルカメラ、オートフォーカス対応の縮小型イメージセンサー用、カメラ付き携帯電話用、カラーコピー用などをラインナップしています。
ディスプレイ用基板ガラス
液晶やプラズマディスプレイ用
STN用としてはソーダライム系ガラス(#0050)、TFT用としては、無アルカリガラスが使用されています。また、P-Si半導体を使ったタイプのTFTアレイの基板には、さらに耐熱性の高い無アルカリガラスが使用されています 。
高精度基板ガラス・カバーガラス
幅広い用途で使用される高精度ガラス
石英の他、BK7・SFL6といった光学ガラスシリーズ品、WDM-801、U-2743S、IOGM-01・#700・#7622のような自社開発品、#0050・#200・テンパックス等。

ソリ修正・アニール処理ガラス
極薄品のソリ修正・アニール処理
薄板の特性を生かして熱処理によるソリ修正を行います。また、熱収縮の影響を受けやすい素材については、アニール処理を行います。
化学強化ガラス
機械的強度を増加させたガラス
弊社ではガラスをアルカリ金属塩の融液中で処理することにより、ガラス表面に圧縮応力を与える化学強化法を採用しています。

↑ページの先頭へ戻る