• ライフサイエンス事業
  • 光・電子事業
  • 企業情報
  • お問い合わせ

沿革

弘化元年(1844) 和泉国(現在の泉佐野市)で薄玻璃製造を開始する。
明治10年(1877) 第一回内国勧業博覧会に玻璃鏡を出品し、内務卿従三位大久保利通より、花紋賞牌を授与される。
明治37年(1904) 顕微鏡用カバーグラスをわが国で初めて製造する。
明治38年(1905) 顕微鏡用スライドグラスを製造する。
昭和23年(1948) 岸和田市下松町に本社、工場を建設する。松浪ガラス製造所を松浪硝子工業(株)に改組し、松浪定雄 代表取締役社長に就任する。(資本金500万円)
昭和36年(1961) 資本金1,000万円になる。
昭和38年(1963) JIS表示許可工場となり、資本金2,000万円になる。
昭和39年(1964) 東京営業所を開設する。
昭和40年(1965) 資本金3,000万円になる。
昭和48年(1973) 電子工業用ガラスの製造を開始する。
昭和59年(1984) 本社の新社屋完成と同時にCIを導入する。
昭和60年(1985) 大阪中小企業投資育成会社より資本の導入を受け、資本金9,000万円になる。
昭和62年(1987) 松浪 明 代表取締役社長に就任する。
第2工場の操業を開始する。
昭和63年(1988) 有限会社マツナミ通商を設立する。
平成6年(1994) 創業150周年を迎える。
平成8年(1996) 大阪府立産業技術総合研究所にインキュベーション開放研究室を開設する。
平成9年(1997) 新本社工場完成、操業を開始する。
平成11年(1999) ISO9001を認証取得する。
平成12年(2000) 本社工場を拡充。第2工場の設備を増強する。
総合技術開発ラボを設置する。
平成15年(2003) ISO14001を認証取得する。
平成21年 (2009) 大阪ものづくり優良企業賞2009「最優秀企業賞」を受賞する。
平成22年 (2010) 和泉工場を開設する。
平成23年 (2011) 経済産業省近畿経済産業局”KANSAIモノ作り元気企業100社”に選出される
平成25年 (2013) 米国にマツナミUSA社(ワシントン州)を設立する。
ISO13485を認証取得する。
平成26年 (2014) 創業170周年を迎える。
平成27年 (2015) 一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)に入会する。

↑ページの先頭へ戻る